メキシコ旅行記 2



1997.12.28
(日)

2度目のMEXICOは一人旅。
中南米旅行のプロフェッショナル、PASELA(株)メキシコ観光さんに手配をお願いしました。
関西国際空港1735分発ユナイテッド航空818便でロサンジェルスへ。

ロサンジェルスで乗換後、 1820分発ユナイテッド航空1045便にてメキシコ・ベニト・ファレス国際空港2348分着。
夜中に到着したのでホテルに着くまでのタクシー内では恐さもあり落ち着かなかった。 今回滞在のホテルは「NIKKO MEXICO」。

1997.12.29
(月)

日系旅行会社のオプショナル・ツアーとして クエルナバカ(=CUERNAVACA)&タスコ(=TAXCO)の観光を申し込んでありました。
AM9
時にホテルまで車で迎えに来てくれました。 御主人の仕事の関係でアメリカ在中という若い日本人御夫婦と一緒でした。
街並はMEXICOのイメージとはかなり違い建物や石畳の道などヨーロッパ風で大満足でした。
途中、 昼食をとったホテル(不明)のレストランもオープンカフェみたいで良かった。


【タスコの街並み】

1997.12.30
(火)

ホテルはチャプルテペック(=CHAPULTEPEC)にあるので散歩に出掛けました。
動物園、池、チャプルテペック城などぶらぶら。あまり人はいなかった。年末で忙しいのでしょうか?(笑)。

夜、
アレナ・コリセオにて「CMLL」観戦。
試合を終えて帰ろうとしていた目出しスキー帽を被っていた選手らしい人からマスク(メーカー不明)を入手。
マスクを見て初めてオリンプスだとわかりました。いい加減な買い物です。


【目出し帽をかぶったオリンプス選手だ!】

1997.12.31
(水)

世界で有数の規模と内容を誇ると言われる国立人物学博物館(=MUSEO NACIONAL DE ANTROPOLOGIA)へ行きました。
熱心に見て回ると1日かかるとも2日かかるとも聞いていましたが、熱心ではないので 1時間もかからなかったと思います。
年末年始休暇ということもあってか日本人もちらほら見かけました。
そのうちの一人から声をかけられ『博物館をバックに写真を撮ってほしい』との事。 ついでに私も撮ってもらいそこで別れました。
すぐ近くで、ボラドール(鳥人)と呼ばれる宙吊りになった人達が支柱を軸として クルクル回る儀式を観光客相手に見せていました。
何気なく写真を撮ったらチップを 要求されたのですがお互い言葉が通じず、すったもんだの末、諦めて去ってしまいました。
どうやら風邪をひいてしまったらしいのでベッドにこもることに。

1998.1.1
(木)

昨夜の年明けイベントの騒ぎはベッドの中にいても雰囲気は伝わってきました。
体調も少しよくなったのでレフォルマ通りを散歩。紙吹雪やゴミだけが 散乱していて人はまばらでした。


【人が少ないソナ・ロサをぶらぶら】

夜、
アレナ・ネサワルコヨにて 「CMLL」観戦。
ホテルのコンシェルジュとタクシーの運転手に場所を相談したら会場へ行きたがらない様子。 あまり良い地域ではないらしい。
行く途中、運転手が何人もの人に道を聞いていました。 お礼という訳ではないが一緒にルチャ観戦。
試合中、後ろの座席の子供が私のジャンパーの背中の文字を指でなぞって遊びはじめました。 落ち着かない!(笑)。
試合中のドクトル・ワグナー・ジュニアやフィッシュマン に話かけられました。
エプロンで待機している選手におねーさんがサインと 「キス」をねだったりと、下町の雰囲気ぷんぷんの会場。


【なかなか行けないアレナ・ネサワルコヨに行った!】

1998.1.2
(金)

メキシコ・ベニト・ファレス国際空港800分発ユナイテッド航空1010便にてサンフランシスコへ。
サンフランシスコで乗換後、330分発ユナイテッド航空809便にて日本へ。

1998.1.3
(土)

18
15分関西国際空港到着。

 

インデックスに戻る

inserted by FC2 system